阪神から2位指名を受けた富士大の小野泰己(4年、福岡・折尾愛真高)は20日、同大で会見し、「新人王を取りたい」と即戦力としての活躍を誓った。

 豊田圭史監督と午後5時20分すぎに会見場に姿を見せ、中継を見ながら吉報を待った。阪神から2位指名を受けると表情を崩し、笑顔で豊田監督らと握手した。

 小野は「高い評価を受け、大変光栄。勝てる投手になり、新人王を取りたい」と意気込みを語った。阪神の印象については「ファンの声援が熱い。甲子園は憧れの舞台。そこで投げられると思うとうれしい」と胸を高鳴らせた。【写真=阪神から2位指名を受け、チームメートから胴上げされる小野泰己=花巻市・富士大】
...    
<記事全文を読む>