2位指名に驚いた。球団から調査票は届いていたが「注目してもらえているのかな」と思っていた。「まさか2位とは。すばらしい順位でうれしい。興奮しました」。栗山監督は、早大の野球部グラウンドがある西東京市と接する小平市の出身。「熱い方。縁を感じます」。笑みがこぼれた。

 栃木県那珂川町出身で、今夏の甲子園大会で北海高を破って優勝した作新学院高OB。鍛え抜かれた遊撃の守備は強肩で鳴らす。180センチ、77キロのプロフィルは細身だが、骨太で、がっしりした印象を受ける。身体能力が高く、大きなケガをしたことがないという。

 打撃が課題とされるが、早大の高橋広監督は「右手の握力は75キロで鋭い打球を飛ばす...    
<記事全文を読む>