プロ野球のドラフト会議が20日、東京都内で開かれ、本県関係は大山悠輔内野手(白鴎大)=つくば秀英高出身=が阪神から1位、中塚駿太投手(同)=同=が西武から2位で指名を受けた。高校生は細川成也外野手(明秀日立高)がDeNA5位、長井良太投手(つくば秀英高)が広島6位、根本薫外野手(霞ケ浦高)がオリックス9位、社会人は飯田大祐捕手(ホンダ鈴鹿)=常総学院高-中大出身=がオリックスから7位で指名。育成ドラフトでは菅原祥太外野手(日本ウェルネススポーツ大)がロッテから指名された。指名が期待された生田目翼投手(流通経大)=水戸工高出身=や、糸野雄星内野手(明秀日立高)は指名されなかった。
<記事全文を読む>