東北楽天は投手8人、捕手1人、外野手1人の計10人を指名した。育成の4人と合わせ、指名14人は球団史上最多。1位は、将来のエース候補として高校生屈指の剛腕と呼び声の高い右腕の藤平尚真(神奈川・横浜高)を単独指名した。2位は150キロを誇る右腕の池田隆英投手(創価大)、3位は俊足強打の田中和基外野手(立大)だった。

 4位は本格派右腕の菅原秀投手(大体大)、5位で長身右腕の森原康平投手(新日鉄住金広畑)、6位で準硬式野球でプレーした鶴田圭祐投手(帝京大)、7位で投球センスが光る野元浩輝投手(長崎・佐世保工高)、8位で強肩強打の石原彪捕手(京都翔英高)、9位で変則左腕の高梨雄平投手(JX-E...    
<記事全文を読む>