パ・リーグ王者から1位指名を受けた。堀は目を少し潤ませながら、「すごくうれしかった。名前を呼ばれたときはホッとしました」。広島から遠く離れた北海道で歩むことになるプロの世界。「チームを代表するピッチャー、エースになりたい」。短い言葉で大きな目標を掲げた。

 横から投げ込むキレ味抜群の最速150キロの直球と大きく曲がるスライダーが武器の左腕だ。高校では2年時からエースを務め、2年連続で夏の甲子園にチームを導いた。さらに8、9月のU―18アジア選手権では中継ぎとして3試合9回2/3を無失点、18奪三振を記録し、優勝に貢献。一気に評価を上げた。

 普段は口数の少ない素朴な青年という。広島新庄高の...    
<記事全文を読む>