プロ野球の育成ドラフトが20日に行われ、8球団が28選手を指名した。巨人の8人が最多。北海道関係では笠井崇正投手(信濃グランセローズ、旭西高出)がDeNAから1位指名された。

 育成選手制度は2005年に導入され、2軍の公式戦にしか出場できないが、原則として7月末までは支配下選手枠への登録が認められている。

...    
<記事全文を読む>