プロ野球ドラフト会議があった二十日、独立リーグ、BCリーグの信濃グランセローズで早稲田大学四年の笠井崇正投手(22)が横浜DeNAから育成枠の一位で指名を受けた。

 北海道旭川市出身。旭川西高卒業後、早大スポーツ科学部に進学したが、硬式野球部を入学直後に退部。今シーズン、信濃に入団した。

 長野市内の球団事務所で指名を待った笠井投手は「まずはほっとしました」とほおを緩めた。「これが今の自分に対する評価。努力して一軍での登板を目指したい」と意気込んだ。

...    
<記事全文を読む>