今夏の北北海道大会で154キロを記録した左腕・古谷は、北の大地から福岡へ旅立つ。「支えてくれた人に恩返しができる。いろんな人に愛される選手になりたい」と目を輝かせた。

 身長177センチ、71キロ。甲子園出場経験こそないが、スピンがかかったキレのよい直球と縦横のスライダーが持ち味。北大会準々決勝では、南北大会を通じて最多となる20奪三振で、完封勝利を収めた。

 ソフトバンクについて「ファンでもある球団。熱い松田選手に憧れる」と話し、「(1年目は)プロで通用する体をつくりたい」と目標を語った。

...    
<記事全文を読む>