プロ野球ドラフト会議は20日、東京都内で開かれ、セ・パ12球団が獲得を希望するアマチュア、独立リーグの選手を指名する。  群馬県勢は健大高崎高出身の長坂拳弥捕手(東北福祉大)や前橋育英高出身の高橋拓巳投手(桐蔭横浜大)が関心を寄せられている。  独立リーグ日本一の原動力になった山崎悠生投手(群馬ダイヤモンドペガサス)、今夏の甲子園出場の森田健斗捕手(前橋育英高)も下位や育成で指名の可能性がある。吉報は届くか―。

...    
<記事全文を読む>