広島東洋カープのホームゲームの入場券が、個人間のチケット売買を仲介するインターネットサイトで高額転売されるケースが相次いでいる。発売後すぐに出品され、定価の約10倍で売り出すケースもあり、もともと転売目的で入手した人もいるとみられる。どうしても欲しいファン心理も作用。転売を規制する法制度が機能しているといえず、球団側は対応に苦慮している。

...    
<記事全文を読む>