広島東洋カープの25年ぶりのリーグ優勝に貢献した黒田博樹投手(41)は18日、今季限りで現役を引退すると表明した。広島市中区のホテルであった記者会見では「みんなの力で優勝を経験させてもらい、日本シリーズに進出できた。ファンに日本一という形で恩返ししたい」と感謝。本拠地のマツダスタジアム(同市南区)で22日に開幕する日本ハムとの日本シリーズが日米プロ20年の花道となる。

...    
<記事全文を読む>