20日のプロ野球ドラフト会議で上位指名が有力視される高校生を探った。

 今夏の甲子園大会優勝の原動力となった今井達也(栃木・作新学院高)は最速152キロの快速球が光る。180センチ、72キロと線は細く、下半身を鍛えればまだ伸びそうだ。

 18歳以下(U-18)アジア選手権では決勝に先発するなど高校日本代表でもエース。プロ野球阪神の中尾孝義スカウトは「肘の使い方が柔らかい。低めの直球は素晴らしい。好投手が多い高校生でも抜けた存在」と絶賛した。右腕では抜群の身体能力を誇る藤平尚真(神奈川・横浜高)も評価が高い。

 左腕では寺島成輝(大阪・履正社高)が1位候補だ。どっしりとした下半身から投じる直球...    
<記事全文を読む>