東北楽天の嶋基宏捕手(31)が18日、保有する海外フリーエージェント(FA)権を行使せず、チームに残留すると表明した。「行使するなら、今年が最後と思っていた。生涯楽天でいきたい」と語った。

 コボスタ宮城(仙台市)での秋季練習後に取材に応じた。同日、球団の立花陽三社長に残留の意向を伝えたという。「イーグルスに育ててもらった感謝の思いがある」と説明した。

 梨田昌孝監督は「嶋のいない楽天は考えられない。優勝を目指す中でも欠かせない。取りあえず安心した」と述べた。安部井寛チーム統括本部長は「打てて、出塁できる捕手。レギュラーとして攻撃力を発揮してもらいたい」と語った。

 今季は5月中旬に左手を骨...    
<記事全文を読む>