11月にメキシコ、オランダ代表と強化試合を行う野球日本代表のメンバー28選手が18日発表され、今季「二刀流」で10勝、22本塁打と活躍した大谷(日本ハム)、史上初の2年連続「トリプルスリー」を果たした山田(ヤクルト)らが選ばれた。2試合連続でサヨナラ本塁打を放つなど成長株の鈴木(広島)ら8選手が初めてトップチーム入りした。

 試合は11月10日から4日間、東京ドームで開催。10、11日はメキシコ、12、13日はオランダと戦う。日本代表は6~8日、QVCマリンフィールドで非公開合宿を行う。

 大谷は投手枠で選ばれたが、都内で会見した小久保監督は「強化試合においては指名打者か代打で起用する」と...    
<記事全文を読む>