東北楽天は17日、梨田昌孝監督が就任2年目を迎える来季のコーチ陣を発表した。投手と内外野守備走塁の1軍・2軍巡回コーチを配置し、チーム内の連携強化を図る。1軍ヘッドコーチは当面置かない方針。

 新任は2人。ソフトバンク、西武などで投手コーチを務めた杉本正氏が1軍・2軍巡回投手コーチに就任。2軍打撃コーチには、今季限りで現役を引退した栗原健太氏が就く。

 立石充男2軍内野守備走塁コーチ、米村理1軍外野守備走塁コーチがそれぞれ内野守備走塁、外野守備走塁の巡回コーチを務める。森山周2軍外野守備走塁コーチは1軍同コーチとなる。

 巡回コーチを設けるのは5年ぶり。安部井寛チーム統括本部長は「全員で戦う...    
<記事全文を読む>