野手陣が日本ハム投手陣の速球対策に着手した。日本最速の165キロをマークした大谷らとの対決に備え、打席から約15メートルに設置していた打撃マシンを1メートルベースに近づけて目を慣らした。

...    
<記事全文を読む>