プロ野球北海道日本ハムが16日、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージを制して日本シリーズ進出を決め、札幌ドームは熱狂に包まれた。劇的な試合展開に酔いしれる観衆の中には、好きな選手名やメッセージを刺しゅうしたユニホームをまとう熱烈なファンの姿もあった。本拠地に近い刺しゅう店が文字を入れたユニホームはファイターズへの愛情にあふれ、ファンと選手をつなぐ懸け橋にもなっている。

 大谷翔平投手の快投で最終回を締めくくると、左翼席で応援していた札幌市豊平区の主婦春木場(はるきば)和恵さん(74)は、金色の糸で「日本一奪還」の文字が縫われたユニホームを高々と掲げた。「ありがとう、ありがとう...    
<記事全文を読む>