北海道新聞社は16日、北海道日本ハムの日本シリーズ進出決定を伝える号外2万5千部を、JR札幌駅や札幌ドーム周辺など札幌市内の6カ所で配布した。

 JR札幌駅の地下街アピアでは午後7時ごろから、「CS(クライマックスシリーズ)突破4年ぶり」の見出しで、プロ野球史上最速の球速165キロを記録した大谷翔平選手の活躍などを伝える紙面を配った。

 買い物客やファンが次々と手を伸ばし、喜びに浸った。札幌ドームで試合を観戦後、札幌駅に来た根室管内別海町の会社員工藤福子さん(28)は「日本一になってほしい。まずは祝勝会をします」と、号外を手に笑顔を見せた。

...    
<記事全文を読む>