プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は16日、パ・リーグの第5戦が行われ、日本ハムがレギュラーシーズン2位のソフトバンクに7-4で逆転勝ちして対戦成績を3勝2敗とし、リーグ優勝による1勝のアドバンテージを加えて4年ぶり7度目の日本シリーズ進出を決めた。

 日本ハムは指名打者で先発していた大谷が九回に登板して自身の持つプロ野球最速を更新する165キロを連発し抑えた。最優秀選手には5試合で2本塁打、5打点をマークした中田が選ばれた。

 日本シリーズは22日にマツダスタジアムで開幕する。2年連続でリーグ優勝チーム同士の顔合わせとなり、日本ハムは10年ぶり3度目の...    
<記事全文を読む>