<ソフトバンク5-2日本ハム> 引き分けでも日本シリーズ進出が決まる一戦で打線に決め手がなかった。日本ハムは大谷翔平(花巻東高)が3度目のCSで初打点を記録したが、その2点止まりで敗戦。「結果的に負けた。欲を言えばもうちょっと取りたかった」とさばさばと振り返った。

 バンデンハークを五回まで打ちあぐねた。六回は西川、中島が連続四球を選んで得た1死一、二塁で大谷が打席に立った。真ん中付近に入った変化球を捉えて右中間を抜き、2点二塁打とした。

 だが続く好機では打線がつながらず追加点を奪えなかった。栗山監督は「中盤以降に球数を増やさせて勝負しようと思ったけどできなかった」と悔やんだ。七回以降はソ...    
<記事全文を読む>