プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は15日、セ、パ両リーグともに第4戦が行われ、セは広島が3位から勝ち上がったDeNAを8-7で下し、対戦成績を3勝1敗として、リーグ優勝の1勝のアドバンテージを加えて25年ぶり7度目となる日本シリーズ進出を決めた。

 パは2位ソフトバンクが日本ハムに5-2で勝った。対戦成績は2勝2敗となったが、リーグ優勝の日本ハムはアドバンテージの1勝分のリードを保っているため、16日の第5戦に勝つか引き分けると日本シリーズ進出が決まる。第5戦の先発は日本ハムが加藤、ソフトバンクが摂津と発表された。

 広島は一回に新井の適時打やエルドレ...    
<記事全文を読む>