飛躍のシーズンを過ごす高梨にとって、3年目で初めて立ったCSのマウンドはほろ苦いものとなった。

 ソフトバンクとは今季、プロ初勝利を含む3勝、防御率1・86と相性が良かった。しかし、日本シリーズ進出をかけた大事な一戦で、いずれも「めちゃくちゃいい直球ではなかった」という2球をスタンドに運ばれた。

...    
<記事全文を読む>