強打のソフトバンク打線相手に7回1失点。有原が落ち着いたマウンドさばきで日本シリーズをぐいと引き寄せた。

 低めのコーナーを突く丁寧な投球が光った。投球練習で良かったというチェンジアップを多用。得意のカットボールも切れがあり、これに150キロ前後のストレートを織り交ぜ、的を絞らせなかった。「うまくゴロを打たせることができた。思い通りの投球だった」(荒木太郎)

...    
<記事全文を読む>