東北楽天の松井裕樹投手が来季も3年目となる抑えを務めることが14日、決まった。高卒新人だった2014年以来となる先発に復帰するかが注目されていたが、本人と梨田監督が同日の秋季練習前に話し合って方針を固めた。今季球団史上初となる2年連続の30セーブを達成した松井裕は「40セーブを目指し、チームの勝ちに貢献したい」と話した。

 松井裕は15年に抑えに転向。63試合登板で防御率0.87、球団新記録の33セーブを挙げた。今季は春季キャンプでの調整遅れが響き、5月に3敗するなど春先は不安定な投球が目立ったが、後半戦は安定感を取り戻した。最終的に58試合で1勝4敗30セーブ、防御率3.32の成績を残...    
<記事全文を読む>