◇日本ハム4-1ソフトバンク 日本ハムが快勝した。一回2死一、三塁から近藤の適時打とレアードの2試合連続となる3ランで4点を先行。有原は制球良く無四球で7回を5安打1失点と好投。八回1死一、二塁は谷元が併殺で切り抜け、九回はバースが抑えた。ソフトバンクの千賀は制球が不安定だった一回に痛打された。打線は中村晃のソロによる1点だけとつながらなかった。

 相手に色濃く残る嫌なイメージを逆に利用した。日本ハム・有原が有効に使ったのは、今季ほとんど使っていなかったチェンジアップ。「(シーズンの)前回の対戦はフォークボールが良かったけれど、(チェンジアップが)うまく投げられていたので多めに使った」。難...    
<記事全文を読む>