プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)は12日、セ、パ両リーグでファイナルステージ(6試合制)が開幕し、セ・リーグのレギュラーシーズン3位でCS初出場の横浜DeNAベイスターズは広島市のマツダスタジアムで同1位の広島と対戦し、0-5で完敗した。対戦成績は広島の2勝0敗(1勝のアドバンテージを含む)となった。

 横浜DeNAは広島の左腕ジョンソンに対し、ロペス、筒香、宮崎の中軸が無安打に封じられ、散発3安打で得点を奪えなかった。

 いざ、真の下克上へ-。横浜DeNAベイスターズが初進出を決めたクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージが開幕した12日、本拠地・横浜に熱い声援が響いた...    
<記事全文を読む>