◇セ・パファイナルS 広島5-0DeNA プロ野球はクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)が12日、セ、パ両リーグともに開幕し、セは25年ぶりにリーグ優勝した広島が、レギュラーシーズン3位でCS初出場のDeNAに5-0で勝ち、パはリーグ制覇の日本ハムが2位ソフトバンクに6-0で快勝した。リーグ優勝チームには1勝のアドバンテージがあるため、先勝した広島と日本ハムが2勝差とした。

 広島はジョンソンが3安打完封勝利。日本ハムは大谷が「8番・投手」で先発して7回1安打無失点に抑える好投を見せた。13日の先発は日本ハムが増井、ソフトバンクが中田と発表された。

 広島の投打がかみ...    
<記事全文を読む>