プロ野球パ・リーグを制した北海道日本ハムと2位ソフトバンクが日本シリーズ進出を懸けて対戦するクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが12日夜、札幌ドーム(札幌市豊平区)で開幕する。10年ぶりの日本一を目指す日本ハムを声援で後押ししようと、札幌ドームには朝からファンが駆けつけ、応援ムードが高まっている。

 札幌ドーム入場口前には順番待ちのシートが正午までに30枚以上張られた。試合開始は午後6時で全席指定だが、少しでも早く入場するため。シートを張り終えると、ファンらはいったんドームを後にした。釧路市の会社員葛川紀彦さん(44)は「早く球場に入りたくて早朝に自宅を出ました。リーグ優勝...    
<記事全文を読む>