広島東洋カープが万年Bクラスだった1966年に結成された「広島カープを優勝させる会」のメンバー9人のサイン入り色紙が11日、広島市公文書館へ寄贈された。寄贈したのは中国新聞の担当記者だった津田一男さん(84年に65歳で死去)の次女川西文江さん(65)=広島市中区。優勝させる会の資料は、カープ資料を集めている市公文書館にも2点しかなく、サインは初めて。

...    
<記事全文を読む>