九里が知名度不足に悩んでいる。「いまだに名前を間違われることがあるんです」と頭をかく。

 郵便物や宅配便、雑誌などで名字は「久里」、名前は「亜連」となっている。球場では、間違った名前の応援ボードを掲げるファンを発見したこともあるという。2年前のドラフト2位は「応援してくれることは本当にありがたいんですけど…」と苦笑いする。

 今季は先発、中継ぎで27試合に出場。「まだまだ活躍しないといけないってこと」と自戒する。登板経験がないCSや日本シリーズで快投すれば、「九里亜蓮」の名が全国区になるかもしれない。(上木崇達)

...    
<記事全文を読む>