道銀地域総合研究所(札幌)は11日、プロ野球パ・リーグ優勝を決めた日本ハムが日本シリーズに進んだ場合の道内への経済波及効果を最大で約104億円とする初の試算を発表した。

 12日に開幕するクライマックスシリーズのファイナルステージと、日本シリーズを合わせて最多の9試合が札幌で行われた場合、観客が計37万人に上ると推計し、交通費や飲食費、グッズの購入などで62億5千万円の効果があると算出した。1試合ごとに4万1千人の観客が見込まれ、約7億円の効果があるという。

 さらに、札幌市内の百貨店の記念セールで5億2400万円、パレード開催で6億2200万円の効果を推定。日本シリーズに進出するほどの好...    
<記事全文を読む>