左腕田中のワンプレーが勝敗を分けた。

 同点の九回からマウンドに上がり、先頭打者の村田の遊撃へのゴロは内野安打に。すると巨人ベンチが勝負手を打ってきた。走塁のスペシャリスト鈴木が代走で登場。ファーストステージ敗退の危機が訪れていた。

 打席に4番阿部を迎え、カウントは1ボール1ストライク。ここでプロ9年目は「絶対に走ってくる」と確信したという。走者に目をやる首の動きに神経をとがらせ、投球までの時間をあえて長く取ってじらした。セットポジションから右足を投球動作と同じ角度で上げたその瞬間、その足を一塁方向へぐっと踏み出す。リードを広げかけた鈴木の逆を突くと、塁審の手が上がった。「まさかけん制で...    
<記事全文を読む>