12日から始まるクライマックシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)を前に、日本ハムは9日、紅白戦(六回制)を札幌ドームで行い、CS前の最後の実戦を戦った。

 紅組はメンドーサ、白組は加藤が先発。CSでも先発が濃厚な2人はともに3回2失点だった。試合は2―2の五回、清水の2点中越え二塁打と谷口の適時中前打でバースから3点を挙げた紅組が5―2で勝利した。

 7日に続きスタンドを無料で一般開放し、8月の道内各地での台風被災者を支援するチャリティーマッチとして開催。2万1335人の観衆が集まり、入場ゲートに設置した募金箱には735万2471円が集まった。

 10日は休養日とし、11日に札幌ド...    
<記事全文を読む>