逆転突破だ―。プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージは9日に第2戦が行われ、レギュラーシーズン3位の千葉ロッテはヤフオクドームで2位のソフトバンクと対戦。初戦は競り負けて、後がない。伊東勤監督は試合前に「接戦でゲームが進んでいくように。一方的にならないように」と展望を描いた。

 また、ヤフオクドームでは試合直前、パブリックビューイングが行われている本拠地のQVCマリンフィールドと中継を結び、球団広報が雰囲気をレポート。手嶌広報はひげグッズでナバーロ選手に扮し、「ナバーロ、ガンバ―ロ」と選手たちの意気込みを代わりに千葉へ届けた。最後は、集まったファンと「3、2、1、下克...    
<記事全文を読む>