プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)は8日、セ、パ両リーグのファーストステージ(3試合制)が開幕し、パは同2位のソフトバンクが同3位の千葉ロッテに4-3で競り勝ち、セはレギュラーシーズン3位でCS初出場のDeNAが同2位の巨人に5-3で逆転勝ちした。9日の第2戦でソフトバンクは勝つか引き分ければ3年連続での、DeNAは勝てば初のファイナルステージ進出が決まる。

 ソフトバンクは2-2の八回に今宮の2点適時打で勝ち越した。千葉ロッテは一回に清田の先頭打者本塁打などで2点を先行したが、打線のつながりを欠いた。9日の先発はソフトバンクがバンデンハーク、千葉ロッテが石川と発表された。

 DeN...    
<記事全文を読む>