◇パ・リーグ クライマックスシリーズ ソフトバンク4-3ロッテ ソフトバンクが競り勝った。0-2の一回に内川の二塁打で1点を返し、三回にも内川がソロを放って同点。八回は内川の安打を足がかりに満塁とし、1死から今宮の左前打で2点を勝ち越した。千賀の7回で12三振の好投が光った。

 ロッテは一回に清田の先頭打者本塁打などで先行したが、八回に2番手の内がつかまった。九回の反撃も及ばなかった。

      ◇ リーグ3連覇を逃したソフトバンクにとって、クライマックスシリーズは屈辱を晴らす機会だ。「負けたら終わり。思い切ってやるしかない。そう自分を勢いづけられたのが良かった」。主将の内川が4打数3安...    
<記事全文を読む>