日本ハムは7日、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(12日開幕)に向けて札幌ドームで一般公開の紅白戦(六回制)を行い、白組が6―1で勝利した。白組は増井、紅組は高梨が先発。増井が3回を無安打無失点と好投した一方で、高梨は3回4失点と課題を残した。白組の2番手では、左足首のけがで離脱していたマーティンが9月4日以来となる実戦のマウンドに上がり、1回無失点と復活をアピールした。

 打っては、中田が一回、左翼席に豪快な3ラン。1万人超の観客から送られた大声援に両手を上げて応えた。中田は「(観客が入り)気合が入った。自分のスイングができて良かった」と話した。

 9日にも札幌ドームで一...    
<記事全文を読む>