首位打者と最多安打のタイトルを獲得した千葉ロッテの角中は「取れたことはうれしいが、どうのこうのはない」と淡々と話した。首位打者は2012年以来2度目だが「3割を2回しか打ったことがない。こういう成績を継続していくのが一番」と向上心をのぞかせた。

 一方、最多安打については「気にしたことがなかった。うれしい」と感想を語る。高低のボールゾーンでもお構いなしに巧みに捉えてしまうが「そこそこ四球も取るスタイルなので、縁のないものと思っていた」と打ち明けた。

 10年目で初めて全試合に出場した。しかも、スタメンで名を連ねた。「それが自分の中では一番価値がある。野球選手は試合に出てなんぼなので」と、タ...    
<記事全文を読む>