千葉ロッテの石川は最優秀防御率に輝き「個人的に一番取りたいものだった」と喜んだ。取られた点が少なかった証しで「(投球内容が)じかに反映される」と理由を述べた。

 3年目の今季は14勝5敗。昨年は12勝12敗で“貯金”をテーマに掲げていた中で、大きく勝ち越した。それでも好調の要因を問われると、本人は「何ですかね。ちょっと考えてみます」といつも通りにひょうひょうとしたコメント。「納得いくボールや回数は多くなかった。絶好調はあまりない。アベレージが毎年、上がってきている」 最多勝の可能性もあったが、9月24日の登板後、CSを見据えてさらなる登板を望まなかった。伊東監督は「(勝率1位を含めた)3...    
<記事全文を読む>