日本ハムは5日、札幌ドームで紅白戦(五回制)を行い、白組が9―2で勝った。白組は大谷、赤組は有原が先発し、大谷は制球を乱し1回3安打2失点。有原は三回に5連打を浴びるなど、3回12安打9失点と崩れた。白組2番手の吉川が3回無失点と好投した。

 打線は、白組の5年目松本が3安打3打点の活躍で首脳陣に猛アピール。中田も3安打を放ち、順調な調整ぶりを見せた。

 6日は休養日。7、9日には一般公開の紅白戦を行う。

...    
<記事全文を読む>