東北楽天打線は美馬学を十分に援護できなかった。4打数無安打に終わった銀次は「勝たせてあげたかった」と淡々と語った。

 唐川侑己の前に五回まで2安打。六、七回と逸機が続き、4点を追う八回1死二、三塁、ウィーラーの2点左前打でようやく反撃した。しかし、続く銀次の鋭い当たりは右翼の正面を突いた。アマダーも三ゴロに倒れ、畳み掛けられなかった。

 敗戦により5位が確定した。今季選手会長に就いた銀次は「誰も納得していない。しっかり受け止めて、来年は勝てるチームになる」と巻き返しを誓った。

...    
<記事全文を読む>