東北楽天の栗原健太内野手(34)=山形県天童市出身=が17年間のプロ生活にピリオドを打った。かつて主砲として低迷期を支えた広島は今季25年ぶりにセ・リーグ優勝。歓喜の日からほどなく、バットを置く決意をした。<「この地で」胸に> 歩み続けた道の行き着く先はどこなのか-。打席に向かう度に自問し、胸に刻んだ言葉がある。

 <この地で この地で 終わらせる意味を探し求め また歩き始める> 登場曲として選んだサカナクションの「アルクアラウンド」の一節。球場で最後に流れたのは9月24日、イースタン・リーグのヤクルト戦(利府)になった。

 「4番・一塁」で先発し、セ・リーグでしのぎを削った館山昌平投手と...    
<記事全文を読む>