広島東洋カープの選手として1975年のリーグ初優勝に貢献し、チーフ兼打撃コーチも務めた、野球評論家の山本一義(やまもと・かずよし)氏が9月17日午後9時4分、尿管がんのため広島市中区の病院で死去していたことが3日、明らかとなった。78歳。広島市出身。通夜・告別式は近親者で行った。

...    
<記事全文を読む>