プロ野球東北楽天は2日、仙台市宮城野区の楽天Koboスタジアム宮城であったソフトバンクとの本拠地最終戦に勝利した。昨季まで2季連続最下位に低迷するチームにあって、新人ながら中軸を打つ遊撃手としてチームを支えたのが茂木栄五郎内野手(22)。今季天然芝に生まれ変わったホームグラウンドで、走攻守に新風を吹き込んだ。

 早大からドラフト3位で入団。球団の新人野手で初めて開幕戦に先発出場するデビューを飾った。夏場にけがで約1カ月間離脱したが、出場115試合で2割8分1厘(2日現在)と新人王の有力候補に挙がる。] ただ、本人に納得した様子はない。「多くの試合に出られたのはうれしいが、もっと結果を残さ...    
<記事全文を読む>