東北楽天の助っ人コンビが計5打点で安楽を強力援護した。3打点を挙げたペゲーロは「できるだけリードを広げ、楽に投げてほしいと常に思っている」と胸を張った。

 1-1の三回1死二塁から、ペゲーロの右前適時打とウィーラーの27号2ランで3点を勝ち越した。七回はペゲーロが10号2ランを浴びせた。いずれもディクソンの得意球ナックルカーブを狙って、確実に仕留めた一打だった。池山打撃コーチは「直球の球速が出ておらず、チャンスはあると思った。浮いたカーブを捉えて、相手は投げる球がなくなった」と満足そうに振り返った。

...    
<記事全文を読む>