東北楽天は1日、長谷部康平(31)金無英(30)山内壮馬(31)の3投手、後藤光尊(38)岩崎達郎(31)の両内野手と育成の高堀和也投手(29)大坂谷啓生内野手(23)榎本葵外野手(24)と来季の契約を結ばないと発表した。長谷部、山内は引退、後藤は現役続行、榎本は12球団合同トライアウトへの参加の意思をそれぞれ示している。

 長谷部は2008年、愛知工大から大学・社会人ドラフト1位で5球団競合の末、東北楽天入り。13年は主に中継ぎとして24試合に投げ、防御率1.83の好成績でチームのリーグ初優勝に貢献した。通算成績は110試合登板、11勝19敗3セーブ、防御率5.37。

 後藤は秋田県八郎...    
<記事全文を読む>