名球会入りしたベテラン2人に、オーナー賞が贈られた。日米通算200勝を達成した黒田と、通算2千安打を果たした新井。25年ぶりの優勝に貢献した投打の両雄は、松田オーナーから激励金を受け取った。

 新井は「ねぎらいの言葉を掛けてもらってうれしかった」と節目の一打を放ったバットを、お返しにプレゼント。黒田は「日本一を目指してやってほしいと言われたし、それだけのチャンスがある」とポストシーズンへ決意を新たにした。

 オーナー賞は2007年に2千安打を達成した前田以来。松田オーナーは「チームを引っ張ってくれた」とご満悦。激励金の金額は非公表だが、オーナーは「恥ずかしくない金額」と振る舞った。(川手寿...    
<記事全文を読む>