硬式野球の第20回上毛新聞社中学生大会(同社主催、日本少年野球連盟県支部など共催)最終日は1日、高崎市の富博記念球場で準決勝と決勝が行われた。県勢同士の決勝は群馬西毛ボーイズが7―5で前橋桜ボーイズの追撃を振り切り、初優勝を飾った。最優秀選手賞は宮石悠生(群馬西毛ボーイズ)、敢闘賞は斉藤麗(前橋桜ボーイズ)、首位打者賞は柳沢海星(群馬西毛ボーイズ)がそれぞれ受賞。大会には本県のほか、埼玉、栃木、茨城、長野から計32チームが出場した。

 ▽決勝群馬西毛ボーイズ0150100―70003110―5前橋桜ボーイズ【群】阿部、萩原、市川、柳沢海―柳沢光【前】関、三田、星野、津久井―福士、星野▽本...    
<記事全文を読む>