野球の独立リーグ日本一を決めるグランドチャンピオンシップ(GCS、5試合制)第3戦は8日、前橋市民球場で行われ、群馬ダイヤモンドペガサスは四国アイランドリーグPlus王者の愛媛マンダリンパイレーツを13ー1で下した。対戦成績を1勝2敗として崖っぷちの群馬が意地を見せた。第4戦は9日、同球場で6時半開始予定。

 ◇独立リーグ・グランドチャンピオンシップ第3戦(8日・愛媛2勝1敗、18時29分、前橋市民、1513人)愛媛マンダリンパイレーツ(四国IL) 000 010 000―1 071 120 02×―13群馬ダイヤモンドペガサス(BCL)

...    
<記事全文を読む>