プロ野球で日本ハムが10年ぶりの日本一に輝いた29日、キャンプ地の沖縄県名護市は歓喜に沸いた。名護市営市場では大型画面が設置され、市民ら約150人が観戦した。

 観戦した市民は序盤から中盤の接戦展開では固唾をのんで見守り、8回にレアード選手の満塁本塁打などで突き放した場面で喜びを爆発させた。試合終了の瞬間には紙吹雪が舞う中で市民らは抱き合い、くす玉を割って「優勝おめでとう」の垂れ幕で日本一を祝った。

 稲嶺進名護市長は「3戦目からの勢いがずっと続いて最後まで諦めないで試合を作り、勝ち抜いてきた」とたたえた。県野球連盟顧問の古波蔵廣さんは「感無量の一言だ」と笑顔を見せ、日本ハムのキャンプ誘致...    
<記事全文を読む>